赤ちゃんがいる家庭にはコレ!ウォーターサーバーを導入した方がいい3つの理由

赤ちゃんがいる家庭にオススメのウォーターサーバーを紹介します - ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーには電源が必要で、使用中に電源を落とすことがありません。これには毎月一体どれくらい電気代がかかるのでしょうか。ほとんどすべての会社で、ウォーターサーバーに必要な電気代は毎月¥1,000位になっており、会社ごとの差は全くないといってもいいでしょう。電気代が安くなる「エコタイプ」と呼ばれるウォーターサーバーだと月に¥700程度で収まるようですが、アクラクララのウォーターサーバーでは驚きの毎月¥350で大変コストパフォーマンスがよくなります。その反面、エコタイプは高性能なサーバーになりますので、これを選択するとレンタル料が若干上がります。どちらがいいのか、契約の前にしっかり検討するといいでしょう。
このようにウォーターサーバーを利用するにはサーバー本体のレンタル料や水代のほかに電気代がかかるのはあらかじめ知っておきましょう。「なんだ、お金ばかりかかるじゃないか」とお思いになった方もいらっしゃると思いますが、そうばかりでもありません。ウォーターサーバーが家庭に入ると冷たい水も熱いお湯もウォーターサーバーから出すことになります。これの電気代が¥1,000ですが、そのためお茶やコーヒーを飲む時にコンロや電気ポットなどでお湯を沸かさなくなります。冷たい飲み物を求めて冷蔵庫を開閉させる回数も減っていくことでしょう。ウォーターサーバーの設置によって、全体の電気代が若干下がった、というのは珍しいことではありません。
また、これは好みにもよりますが、家庭で飲む飲み物も変わっていくかもしれません。例えば子供が飲むジュースや牛乳がミネラルウォーターに置き換わるわけですし、お茶やコーヒーを飲むにしても、ペットボトルで買ってきて飲むよりもお茶の葉やコーヒーの粉から沸かすことの方が多くなっていくかもしれません。そうなると電気代だけでなくトータル的な生活費が安くなるという可能性も十分考えられます。せっかく設置するのですから、利用しなければ損ですからね。

こちらの記事も読まれてみます