赤ちゃんがいる家庭にはコレ!ウォーターサーバーを導入した方がいい3つの理由

赤ちゃんがいる家庭にオススメのウォーターサーバーを紹介します - 公共の場にウォーターサーバーを設置するメリット

公共の場にウォーターサーバーを設置するメリット

最近は病院の待合室や企業のロビーなど公共の場でウォーターサーバーが設置されているのを見かける機会が増えてきているように感じます。水道水ではいけないのでしょうか。水道水に頼らずわざわざ外部から水を取り寄せるのには、それなりのメリットがなければなりません。どんなメリットがあるのか、考えてみましょう。
まず単純に、その場所を訪れる人にとっては、ウォーターサーバーが設置してあって自由に飲んでもいい、ということになっていたら、ちょっとうれしく思うことでしょう。「ちょっと口を潤したいんだけど自動販売機でわざわざ買ってまで飲みたくないんだよ」、という微妙な乾き具合だったり、また「味があるものが飲みたいんじゃなくて、水が飲みたいんだよ」、と思っていたり、といった痒いところにそっと手が届いている感じは、いちいち実感しないかもしれませんが、嬉しいものです。日本では「水なら勝手に飲んでもいい」という風潮がありますからなおさら、自由に水が飲めるウォーターサーバーが置いてあるのが今後当たり前になってくると、設置されていないところを訪れた時に、むしろ若干のストレスを感じるかもしれません。ですから、最近目立ってきたとはいえまだまだのびしろのあるウォーターサーバーを置く側にとって、設置するメリットは来客へのおもてなしができること、またはそのおもてなしをそれとなくアピールできることです。
では、水道水ではいけないのか、となると、ほぼ無理だと考えられます。ロビーや待合室で水道水を利用できるようにするためには、地面から水道管をつなぎ、建物に穴を開け、といった根本的な工事が必要ですから、「それとなくおもてなしをする」とか「それとなくおもてなしをアピールする」といった目的に対してコストがかかりすぎます。しかも古い建物ならば水道管が古くなっているなどで、飲むには美味しくないことがあります。また、公園ならまだしも単に蛇口が設置してあるというだけでは「ご自由にお飲みください」と言われてもちょっと困りますよね。

こちらの記事も読まれてみます