料理にもウォーターサーバー

料理をする際に水を気にしていますか?ウォーターサーバーのミネラルウォーターを使用することで美味しい料理ができます。 - ウォーターサーバーで気をつけること

ウォーターサーバーで気をつけること

自宅にいながらいつでも好きな時にミネラルウォーターを利用することができる「ウォーターサーバー」は、現代における豊かさの象徴のようなアイテムですが、設置する際に注意しなければならないことがいくつか考えられます。

無理のない価格だとは言え、お金のかかる話ですから設置をするかしないか、またどこのウォーターサーバーを導入するのかの検討材料になれば幸いです。

料理 水

第一に水道水と比べてミネラルウォーターが本当に安全なのかどうかです。

水道水は「水道法」でがっちり規制され、一生飲み続けても健康に全く支障がないレベルに安全が確保されています。

一方ミネラルウォーターは「食品衛生法」で管理され、発ガン性物質などの含有量や検査項目数など、水道法に比べて遥かに規制が緩和されています。

独自の安全基準をうたうメーカーが多いのはこのためで、ボトルのキャップを開けるその瞬間まで、メーカーがどれだけ責任をもってくれるのかには注視する必要があるでしょう。

またひとたびキャップを外したら、メーカーの定める期限以内に使い切らなければ味が落ちたり雑菌の繁殖を許したりします。サーバーを清潔に維持するメンテナンスも欠かせません。

第二に例えば水道水のカルキ臭いのが嫌なだけだったら、その匂いを取り除く浄水器ではいけないのか、です。

ボトルの備蓄ができる、バナジウムやマグネシウムなどミネラルが欲しい、お湯も出せる機能がほしいなど、ウォーターサーバーのメリットやコストと照らし合わせて選ぶ必要があるでしょう。

第三に設置するための場所を取り、サーバーの電気代、レンタル代、水代などコストがかかるということです。

最近ではテーブルの上に置くことができる小さなものも出てきていますが、それでも場所をとることには変わりありません。

電気代はいくらかかるのか、レンタル代は、水代は、など月々のランニングコストがいくらになるのかはきちんと把握しておかなければなりません。

ウォーターサーバーで粉ミルクを作る

いかに健康に良いミネラルウォーターといえど、あまりにしっかりミネラルが入っているような水は、消化器官が未発達な赤ちゃんに与える粉ミルクを作る場合には、控えたほうがいいでしょう。

せっかくのミネラルも吸収されないどころか、赤ちゃんの体調を崩してしまうことがあります。

安心安全な水で粉ミルクを作りたいとお考えなら、ウォーターサーバーは産婦人科に採用された実績のある「クリティア」がおすすめです。

もちろん妊婦さんにもおすすめできる天然水です。

このクリティアでは、天然のフィルターである玄武岩地層を60年かけて通過した、極めて不純物が少なく美味しさだけが残された天然水を飲むことができます。

また、含まれている酵素を破壊してしまわないように非加熱での処理にこだわり、そのぶん厳重な品質管理のもとで販売しています。

料理 逆流

ウォーターサーバーでは冷たい水だけでなくお湯を出すこともできますので、粉ミルクを作るのも簡単にできます。

粉ミルクを作るときには、熱に弱い栄養素を破壊してしまわないようにちょっと冷ました、しかし粉に付着しているかもしれない細菌をやっつけるだけの熱さのある、70度から90度のお湯を使うのがベストです。

普通ならやかんなどで沸かしてからちょっと冷まして、という手順を踏みますが、うるのんウォーターサーバーで出すことのできるお湯は最初から80度から90度あたりで出てくるので、すぐに粉ミルクと混ぜることができます。

料理 水

煮沸消毒をした容器に粉とお湯を入れ、泡が立ってしまわないようにゆっくりと、そしてきちんと混ぜて溶かしたら、冷水などで人肌程度にまで冷やして赤ちゃんに与えます。

冷ますまでの時間を短縮するために、まず少量のお湯で濃い粉ミルクを作っておき、混ざったら冷水を加えて人肌まで冷ます、という技も、忙しい方ならやりたくなるかもしれませんが、粉がしっかり溶けきる前に冷水が入って溶けにくくなってしまう恐れがありますので、おすすめはできません。